雪の日の病院

東京に雪が降ると予報が流れる寒い日にQの診察に行ってきました。
小鳥の病院にたどり着く前にはとても急な坂道があります。
夏には、ひーひー汗をかきながら登り「これは冬に雪が降ったら転ぶに違いない!」と、
本当に雪が降るのを恐れていた私です。
できれば、診察日を変更したかったのですが、
Qの限界にお水の溜まったお腹を見るとそれもできず、
大学生の息子に頼み込み荷物持ち&坂道誘導係として同行してもらいました。
天気予報の雪の降り始めの時間は外れ、坂道に雪が積もることはなかったのですが、
Qの入ったカバン以外は全部息子に持ってもらい、とっても楽チンでした。

病院に行く前は体重が53グラムと過去最高の重さになっていました。
本来、お水が溜まってない状態では38グラムほどの体格です。
Q本人は元気そうにしてくれていますが
見ているほうはかなり辛いものがありました。


1月に抜水したときのエコー。

今回のエコーです。
2箇所から今まで最高の量8ccのお水が抜けました。

このエコーを見ると奥のほうの、のう胞がかなり大きくなっています。
そのため、8ccのお水が抜けても以前のようにお腹がぺしゃんこにならずに
奥ののう胞の重みでお腹はある程度出たままになっています。
先生のお話だと残念ながら嚢胞性卵巣疾患の症状は進んでしまっているとのこと。
しかし、あきらめません。そして手術は絶対にしない方針です。
とにかく、お腹を打ったり、転んだりすると中ののう胞が破裂したりして
窒息の恐れがありますので、プラケースの中を安全にすることが大事なこととなります。
先生にプラケースのレイアウトを見ていただいたところ、
低い止まり木である程度高さがあってお腹をすらない状態が保たれていて
これでよいでしょうとのことでした。
引き続き、快適に楽しくQが過ごせるようにしてあげたいと思います。


ちょっとお疲れ受付さんペア、眠そうです。

最初はおっかなびっくりの大きい鳥でしたが、
とても可愛くて感動したとのこと。
また荷物持ちでついてきてくれそうです。

「親ばか宣伝」
曲作りが趣味な息子のサイトです。

     ↓
ヒーリングミュージックNAOKI's Fantasy




セキセイインコとQとパピヨン犬の鉄のブログ」
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

にほんブログ村 セキセイインコに参加中。
応援クリックお願いします。

Qの朝

Qは嚢胞性卵巣疾患の症状を少しでも軽減するために発情防止が必要だといわれています。
効果のある方法として明るい時間を8時間以内にするという生活を送らせています。
朝日も入らないように窓には99.9パーセントの遮光カーテン、
そしてこの黒いカーテンのお部屋の中のプラケースで熟睡しています。









31度から32度に温度を維持するために、自作アクリルケースの中に
プラケースを入れてあります。
ドイトで買ったアクリル板を医療用のテープで貼り付けただけのもので
とても恥ずかしい代物ですがすごく役立っています。

また、スカイプライブカメラを設置して別室のPC画面で
起きてる間は監視しています。




セキセイインコとQとパピヨン犬の鉄のブログ」にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村
にほんブログ村 セキセイインコに参加中。
応援クリックお願いします。

Qの腹膜炎その後


嚢胞性卵巣疾患だけでなく腹膜炎を起こしてしまったQですが
お薬を飲んで2週間後の診察で腹膜炎は治ったとの診断でした。

かなりの大きさのお腹になっていて体重は52グラム。
通常、お腹の水がなければきっと38グラムくらいの体重だと思います。
自分で見るとまだ青黒い部分があるように見えたのですが
これは奥ののう胞が重なって見えているとのことでした。
2月10日のお腹の様子。(←すごいので見れる人のみクリック)

エコーで見たお腹の中はまた変化があり、奥ののう胞がかなり大きくなって
前面へ押し出している様子が見えました。
明らかに嚢胞性卵巣疾患は進行していました。

この状態だとお水を抜くとしてもきっと以前のようにはたくさん抜けないと言う先生のお話に
それでも少しでも楽になるように抜いてやってくださいとお願いしました。

大きくなったお腹は水をたくさん含んでいて、プラケースの中をふかふかにしてあげても
やはり動きにくくなっていて、眠るのもなんか不自然な格好になっていたのです。
でも、自分で色々と工夫して楽になる姿勢をマスターしていたQでした。

また診察室では大きなお腹をしていてもちゃんと止まり木につかまり
しっかりとつま先を踏ん張って凛としていまして、ほめられたんですよ。
親ばかですが、ほんとにけなげな子と思います。

そして今回は先生のおっしゃったように針では3CCしか抜けませんでしたが
うちに帰るまでにお腹の針の穴からポタポタと水が落ち
家に着いたときには44グラムにまで落ちていて
結果8ccは抜けたことになります。

そして家でお腹の写真撮りました。(←これまた見られる方のみクリック)

以前はお水を抜くとかなりお腹がしょぼんとしぼんでいたのですが
奥ののう胞が押し出してるため、かなりのふくらみのままです。

でも体重が軽くなりQもとても楽に動けるようになりうれしそうでした。

今後もこのような感じでQが楽に暮らせるように苦しくないようにと言うことを
第一に考えて治療をしていきたいと思います。
お腹は大きいままですが、それは仕方のないことと受け止めて
希望を捨てず介護していきます。


セキセイインコとQとパピヨン犬の鉄のブログ」
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村
にほんブログ村 セキセイインコに参加中。
応援クリックお願いします。

Qの気まぐれおしゃべり

Qはペレット食べてお薬の水飲んで、
そのままシード食べて、、、
よく顔に色々とくっついたままでいます。
何気ないことですが、すごく可愛いです。



http://www.flipclip.net/clips/aiko-qpqp/8797389134239b4f30afa8660d7f2a9d
がんがん、くちばしがちょっと痛そうです!
ただ、自分の名前をしゃべってるだけですが
元気な様子を見ていただけると思います。

Qは、お腹に水がたくさんたまって腹膜炎も起こして、、、
そんな状態でもこんなおしゃべりをしてくれます。
今回のお腹の水は外へと押し出して溜まっているようなので
呼吸の苦しさがありません。

早く腹膜炎が治って無事にお水が抜けますように!

(少しおしゃべりを誘導しようとして
マドラースプーンを私が振ってるのが映ってます。あはは)


セキセイインコのQとパピヨン犬の鉄のブログ」
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村
にほんブログ村 セキセイインコに参加中。
応援クリックお願いします。

腹膜炎の経過、昨日の診察

昨日、体重が48を越えてお腹もすごく大きくなってきたので診察を受けました。
家でお腹の様子を観察してきましたが、
少し青黒い腹膜炎と思われる部分が消えず残っているのが気になっていました。
その部分が問題なくよくなっているのであれば、
抜水をしてもらいたいと考えていましたが、診察の結果、
やはりまだ完全に腹膜炎が改善したわけではないとのこと。

できるだけリスクのない時に抜水の処置をするべきだという考えから、
もう少しQに頑張ってもらうことになりました。
幸い、お腹は大きいのですが体の外に向かって大きくなっているので
呼吸の苦しさはありません。
お腹を打ったり、プラケースのなかでぶら下がって落ちたりしないように
細心の注意をはらって次回の診察に備えたいと思います。

(でもこんなにげんきですよ!)


(かなりお腹が大きく出っ張ってきています)



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村
にほんブログ村 セキセイインコに参加中。
応援クリックお願いします。

朝のお薬タイム

http://www.flipclip.net/clips/AIKOqpqp/046809872b2fb84a51fb75109f3d5221

最近、私の毎朝の楽しみです。
Qは実は私のことをただのお世話係と思っていまして、
頬をなでさせてくれたりしませんし、ましてや柔らかい温かい舌で顔をはみはみもしてくれません。
主人だけにその権利があり、私は本当にQを大事にしてるのにQから優しい声一つかけてもらえないんです。

プラケースの中に手を入れて、掃除をするときも「ぶーぶー」言われて
ひどいときなんか「がぶり」です。

しかし、最近プラケース生活になってからのことですが
ある日の朝、お薬水を替えマドラーで混ぜてやってたら、その私の手にQが寄ってきました。
え?と思いながら、恐る恐るマドラーをQ様に差し出すと美味しそうにコクコク薬水を飲んでくれました。

おかわりの催促もあり、なんだかこの時ばかりは「お母さんお願いね」と頼りにされているんだわと
私はこの朝一のお薬タイムが本当に楽しみなんです。
ただこの幸せな待遇を味わえるのは、朝起きてすぐの一番最初にお水を飲みたいときだけに限ります。

それでも、最後のほうで「もういらないの!」というときには「しつこいわ、ぶーぶー」と文句言われるんですけどね。

明日の朝も、また私の手からお薬水を飲んでいただけますように!Q様!




にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村
にほんブログ村 セキセイインコに参加中。
応援クリックお願いします。

Qのお腹の腹膜炎


Qは1月23日の診察の時、いつものように細い注射針でお腹のお水を抜く予定でした。
処置の間、Qはかなりむずかっていたので少し心配したのですが、やはりその鳴き声はお腹が辛かったからのようでした。
処置が終って診察室に入った私に先生がしてくださった話は次のようなものでした。
「Qちゃんのお腹の中で何かか起こっていいるようでいつもと同じように見えても今回は水がうまく抜けませんでした。
液体に血液も少し混じっているのでお腹の中で内出血も起きているようです。
青黒くなっている部分が右の方にあり腹膜炎を起こしている可能性が高いです。
止血剤と炎症を押さえる薬を強化して1週間様子を見ましょう。
お腹を打たないように気をつけてあげてください。お腹が痛くなって食欲が落ちるかもしれないので様子を良く見てください」

毎回と同じにお水を抜けばまた普通に元気でいられるという希望が一気に崩れ落ちた瞬間でした。
Qは体が強くて今までいろんなことに耐えて乗り越えてくれた、これからも強くいつまでも頑張ってくれると信じて、そう思い込んでいた、またそう思い込むことで希望を持っていられた、、、、なのに。。。。

呆然とした私の耳に濡れたお腹をくちばしできれいにしながら「きゅーちゃん!」と私に呼びかける声が聞こえました。

Qちゃんごめんね。弱い母さんで。。。
Qちゃん頑張ってるんだもんね。

それから1週間、mieさんの作ってくれた低い止まり木とプラケの中のクッションでの衝撃緩和、今までに増しての慎重な保定、そして先生のお薬で頑張りました。


1週間後の1月29日の診察では炎症がかなり治まってきているとのことでした。
ただし、まだお腹の上部と右辺りの青黒い部分が残っていますので、もう1週間お薬を飲み症状が消えるのを待つこととなりました。
結果がよければ来週、抜水の予定です。

気弱な私の心配をよそにQは毎日もりもりとペレットを食べて、お薬もごくごく飲んでくれています。
来週の診察日まで呼吸が辛くなることがありませんように!!


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村
にほんブログ村 セキセイインコに参加中。
応援クリックお願いします。